転職後のお話(総括)人生動いたほうが後悔がない

転職後のお話(総括)人生動いたほうが後悔がない

私は転職をしてからどうなったのか?新卒であれだけ辞めたいと思う様なヘタレな私の変化をご覧ください。

 

 

 

私が転職をした原因の大きな原因は「人間関係」+「会社の経営に納得ができない」という点でした。

 

 

30代を超えるような大人からは甘えんなゆとり世代!!!というような声も聞こえてきそうです。

 

 

はい。私がゆとりです。でも俺の人生は俺が決める。

 

 

 

転職後自分の中ではかなり当たりな会社に入ることができたと思っています。転職活動期間は約2ヶ月程度。人生本気になれば2ヶ月から3ヶ月もあれば十分に生活を変えることができます。
あの時に我慢をしていたらうつ病などの精神的な病気に必ずなっていたことでしょう。

 

 

 

新卒の年齢なんて捨てるものすらない

 

 

僕の友人と一緒にご飯を行くと友人が毎回のように愚痴をこぼします。

 

 

 

仕事ほんまにだるいわー特に○○さんっていう人がいるんだけど絶対に合わん

 

 

 

そうなんかー俺もだるい人めっちゃおったから転職したで(笑)

 

 

 

えっ早ない?俺は3年ぐらい働いてから辞めようかなー

 

 

 

3年間働いてから辞める方がもったいなくない?価値観は人それぞれあるからありやけどなー。

 

 

というような会話が結構大学時代の友達とは多いです。

 

 

 

 

私が一番ひっかかる部分は「3年間働いてから辞める」

 

 

 

若い今だからこそ時間が一番大切だと思っている私。要はどうせ会社を辞めたいと思うような場所なら早めに辞めてスタートラインを探したほうが得策ではないか?という提案です。

 

 

3年後に辞めてしまうとまたゼロからのスタート。今私は会社を再スタートさせて新卒で働いている人に比べる会社歴は少ないわけですが、間違いなく3年後に辞める友人と比較をすると5年後には追い越している計算になります。なぜなら3年後に辞めてまた0スタート。その中で私は新しい会社ですが、勤務3年を続けることになります。

 

 

 

人生は凄く長くて特にサラリーマン生活は約40年近くあります。目先の事や周りの友人、先輩、家族などで判断をするのではなく、自分の人生的に正しいジャッジを取ることをおすすめします。

 

 

 

新卒ブランドにそもそも価値は少ない

 

 

一度入社をすれば生涯安定をして働く社会は完全に終わりました。インターネットの発達によって人がいらなくなったビジネスやパソコンや機械だけで済んでしまうような労働力。

 

 

まさに労働のあり方そのものが変わりつつあります。

 

 

私が会社を転職して一番良かったなと思う事は「充実した日々」を過ごすことができる環境を手に入れることが出来たからです。
きっとあのまま新入社員として入社した会社に居続ければまさに生き地獄な日々を過ごしていた事でしょう。

 

 

 

実は最初から私も転職がうまくいくわけがないと思っていました。

 

 

半分前の会社ではうつ病寸前まで行っていましたから自分を否定していました。

 

 

どうせ俺が悪いんだからどこに転職しても結果的には同じなんかな!?と心の中で迷う日々も正直言えばありました。

 

 

 

変わることが出来た大きな理由は「良い先輩に巡り合うことが出来た」事だと思います。

 

前職の先輩はとにかく理不尽の塊。気分次第で言動が変わるし、仕事で面倒な事は人任せ。楽なことだけを行う。怒るときに愛情は1%もありません。
なぜこんな人が社会人として成り立っているんだろうと思うことさえありました。

 

 

今の先輩は「厳しいけど、愛情がある」これに尽きると思いますね。

 

 

 

別に特別優しい訳ではありません。仕事なんだから怒られて当然です。ただそこに愛情あるかどうかで凄くモチベーションって違ってくることを実感しました。
また背中で語ってくれる人はやっぱり見ていて付いてきたくなりますよね。私もそろそろ後輩が入ってくるので、後輩の手本となるような仕事をしていかないといけませんね。

 

 

仕事辞めたい新卒(トップページに戻る)