転職を重く考えない!気軽に転職サイトを見ることから始めよう

転職を重く考えない!気軽に転職サイトを見ることから始めよう

転職活動をしたことのない友人によく聞かれることが一つあります。
それは「転職活動ってどんな感じなの」ということです。

 

 

これだけ転職が一般的になったと言われる時代においても、実際は多くの人が転職をせずに最初に就職した企業に残り続けているんですよね。
なので、ここでは皆さんが疑問に思うだろう転職活動をして、私なりに感じたことについて説明をしようと思います。
まずは良かったことについてです。とにかく、自分自身の心の中に余裕ができます。転職活動をする人の大半は、現職の待遇や人間関係、将来性に嫌気がさしているのではないでしょうか。

 

 

仕事がつまらない、給与が悪い、労働時間が長い、人間関係が上手くいかない、将来の見通しが暗い。理由は数あれど、まぁ集約するとこんな所ではないでしょう。キャリアアップが目的ではない限り、転職活動を行う動機はネガティブなものから始まると思います。
しかし転職活動を行うと、こうした不平不満やネガティブな感情が緩和されていきます。何故なら「自分はこことお別れできるんだもんな!」と心の中で思えるからです。

 

 

 

 

この「こことお別れできる」という考えは結構重要だったりします。追い詰められてしまう人は、逃げ場が無いから追いつめられてしまうのです。
転職活動は逃げ場を探す作業でもあります。そして実際に逃げ場は見つかります。
ちなみに日本国内に会社ってどれくらいあると思いますか?
上場企業で3,500社以上、未上場なら400万社以上があるんです。

 

 

これだけ数があれば、自分に合う企業って絶対にありますよね。そう考えながら転職活動を始めると、結構自分自身の中で心に余裕ができるのです。

 

 

そして転職活動を始めると、自分でも意外に思うほど見聞が広がり、それに伴って視野も広がります。井の中の蛙とはよく言ったもので、転職活動をすると日本には様々な製品やサービスがあることに気付きます。

 

 

そうなると興味が出てくるんですよね。こうなるとしめたものです。これまではネガティブな感情で動いていた状態だったのが、おぼろげながら「これがやりたい」と思えるようになってくるのですから。

 

 

特に学生時代の就職活動とは異なり、自らの適性や能力というものは大まかではありますが見えています。そうなると、自分のやりたいことは、つまり自分のできることとマッチングしていくんですよね。

 

 

もちろん、そのように思えなくても気落ちしなくて結構ですよ。あくまでも最終目的は今のつまらない自分からの脱却であって、「自分探しの旅」ではありませんからね。ただし、選考に進む段階ではこの部分は明確にしてください。新卒と中途の大きな違いは、企業は即戦力を求め、求職者は自らのキャリアプランに沿った道を求めるという点に尽きます。

 

 

未経験者でもOKという企業はありますが、やはりこの点に関しては経験者に勝つことは難しいので、ご自身のキャリアプランになるべく沿った企業を見つけてみてください。悪かった点に関してですが、私の場合は特に無かったんですよね。あえて探すとすれば、色々な面において余裕が無くなるということでしょうかね。

 

 

例えば在職中に転職活動する際、時間の調整に四苦八苦することになります。外回りができる営業社員であれば話は別ですが、事務系の職種であれば有給を取ったり、面接の時間を19時〜20時に設定してもらう必要があります。

 

 

この調整が結構な手間になります。勘の良い人間なら「急に休みが増えた。転職活動をしているのかな?」と思うことでしょうしね。そうなると探りを入れられたり、引き留め工作がやんわりと始まったりします。勘の良い人って意外といるものなんですよね。

 

 

 

 

 

また選考の時間をズラしてもらうにしても、待遇の良い企業ほど日中の面接を要望されます。ここが相反するところで苦しいんですよね。逆に21時でも22時でも面接に応じますという企業は、入社後にどういう扱いを受けるのか想像できますし……。

 

 

 

そして失職後に転職活動をされる場合は、何と言っても金銭に余裕が無くなります。これはかなり精神的に来ます。預貯金の残高が減っていくほど、自らの寿命も削り取られていく気分になります。

 

 

その結果、妥協に妥協を重ねて当初在職していた企業よりも悪い条件で働かざるを得なくなったという話はよく聞きます。
可能であれば在職中に転職活動をされることをお薦めしたいですね。

 

 

こうしてズラズラと書いてきましたが、転職活動経験者としては「そんなに深く考えずにやってみてもいいんじゃない?」という思いを持っています。転職活動を通して、私は良くも悪くも自分自身の社会的な価値というものを知りました。意外と高く評価してくださる企業もあれば、私に足りないスキルを指摘してくれるケースもあるんですよね。そこもまた一つの気付きになりましたよ。

 

 

 

まずは転職サイトをちょっと開いて見てみてください。多くの企業が門戸を開いて待っていてくれていますので、現状の会社で行き詰った人、悩んでいる人は一考の余地ありですよ。