仕事辞めたい新卒大集合!どうしても辞めたい方へ

仕事辞めたい新卒大集合!どうしても辞めたい方へ

新卒で会社を辞めたい人ならこれは必ずチェックしておきましょう!

 

新卒で会社を辞める事を検討しているなら要チェック!

 

 

PR
当サイトの管理人24歳の今月の広告収入発生が100万円を超えました。

 

有る意味会社を辞めたいパワーを全て副業にぶつけました

 

気になる方はこちらのブログをご覧ください。

 

正当な権利収入の稼ぎ方!労働収入だけでは資産が増えない

 

私は大学を卒業して新卒で働きだして1年も経たないで会社を辞めました。

 

新卒入社した会社を辞めた私の体験談です。きっと今会社を辞めたいと思っている新卒の方にお役に立てると思います。

 

原因は人間関係と会社に対して絶望をしたからです。

 

 

私の新卒ですぐに辞めた体験談&その後の話をストーリー形式で公開していますので、ぜひ最後までご覧ください。


 

 

私は大学を卒業するまでは高校生ではクラブ活動をガッツリこなす体育会系でも継続して3年間をやり抜きましたし、大学生活ではサークルや勉強に対して真剣に取り組み逃げることはありませんでした。

 

 

 

もちろん就職をするまでに一度でも逃げたことがあれば、自分に非があることを認めることが出来るのですが、自分の感覚値として執念がある根性をしていた私が辞めたいと思ったのは、会社の体制&先輩と同僚が終わっていた点です。

 

 

具体的に言うと会社はお客様を大切にするようにと建前では言いますが、本当はありえないぐらいのグレーのビジネスを行っていました。

 

 

 

いやブラック?と言いたくなるような会社の仕組み。利益を出さなければいけないことはわかりますが、もはや数十年前のような文化や仕組みがそこにはありました。

 

 

 

ビジネスは本来誰かの為にあるもの。綺麗事だけど、どうせ働くならそういった取り組み姿勢で働きたかった。次に人間関係。上司は無視をしたり、自分の気分次第で後輩をビビらせたり、怒鳴ったり。もうね。怖いというか恥ずかしいレベルだった

 

 

 

体育会系で育った私からすれば、よくある光景だったんですが、少なくても高校、大学の先輩には愛情がありました。だからその人に付いてきたいと思うし、頑張ろうと思えますよね。

 

 

 

でも新卒で入った会社には愛情のかけらもなければ、信頼できる、尊敬できる人はいなかったのです。

 

 

3から4ヶ月続けたところで私は確信をしました。

 

 

 

もう辞めよう。大事な人生をこんな会社で過ごしたくないと。

 

 

 

正直社会的に見れば甘えるな!!!と声が聞こえてきそうですが、当時の僕からすれば周りの声はどうでもよかったです。

 

まだ若いしなんとかなる。

 

 

 

そこで私は転職活動を始めることにしました。正直に言って新卒で会社をすぐに辞めることはリスクがあると最初は思っていました。
転職活動をしてみると多くの壁にぶつかりましたが、結果として最高の会社で働く事ができました。

 

 

良い会社&良い人が多い会社で働く事ができるようになった私は前職を辞めて本当に良かったと思います。

 

 

新卒で会社を辞めたいと思っている人がしなければいけないこと。それは転職活動を始めることです。

 

PR
当サイトの管理人24歳の今月の広告収入発生が100万円を超えました。

 

有る意味会社を辞めたいパワーを全て副業にぶつけました

 

気になる方はこちらのブログをご覧ください。

 

正当な権利収入の稼ぎ方!労働収入だけでは資産が増えない

 

転職活動は会社に働きながら始めることが一番良いです。周りに会社を辞めてから転職活動を始める人が多くいましたが、失敗する可能性がどう考えても高いのです。

 

 

辞めてから転職活動を始めることのデメリット

 

 

給料が入ってこないから焦る。

 

 

早く決まったところに決めることになり、同じ事を繰り返す。

 

 

余裕がないので、選択肢が狭まる。

 

 

新卒で働きだした会社にこだわる必要はない

 

 

過去の自分にもし話かけることができるのなら、私は伝えたいことがあります。

 

 

「新卒で働く会社に依存する価値はない!」って事。具体的に言うと僕は新卒で働き出した会社は最低でも3年ぐらいは続けなければいけないモノだと思っていました。

 

 

でも冷静に考えてそんな時代ではなくなっていることに気がつきます。

 

 

昔のように終身雇用なら働き続ける価値はあるでしょう。でも今はどうでしょうか?どれだけの大手企業でも10年後に生き残っていると断言できる企業はありません。

 

 

25歳ぐらいになると3年ぐらい働き続けた人が会社を辞めだして、転職をしたり、働いていた会社が倒産をしたり。

 

 

どうせ途中で辞めるんだったら新卒1年目から辞めても5年後には同じような結果orメリットがあると個人的には思っています。

 

 

 

例えば「嫌々働き続ける人」「私のように新卒で転職をする」二人を比べてみます。

 

 

1人は新卒半年で辞める。その後5年後会社を続けている状態で27歳

 

 

1人は新卒の会社を3年続けて、その後2年後会社を続けている状態で27歳

 

 

どちらが給料が良いと思いますか?多くの場合は最初の新卒を辞めている場合です。

 

 

このサイトに訪れている人の多くは会社を今すぐにでも辞めたいと思っているはずです。

 

 

 

だったら思い切って転職活動を始めてみましょう。

 

大切なのは辞める前の準備と辞めてからの行動力!

 

 

 

仕事を辞めてから何もしなければニートになってしまい、それこそ人生を台無しにしてしまう可能性があります。しかし、辞めても次の転職先を探す活動を本気ですれば、働き先を見つける事ができない人はいないでしょう。

 

 

新卒で会社を辞めたいと考えている場合には、出来るだけ早く辞める方が得策な場合が多いです。

 

あなたは今の会社で5年、10年、20年と続けていく自信がありますか?

 

私の場合は早く辞めて、1社目よりも充実した日々を過ごせるようになって満足出来ました。

 

ハッキリ言って大切なのは【会社を長く続けること】じゃなくて、

 

 

【毎日有意義に過ごせているか?】って話です。

 

 

周りの意見や、周りの目の為に生きますか?

 

 

自分の人生は自分で決断をしましょう!

 

 

自信を持って強い意思を持っていれば今の会社よりも良い会社に高確率で働ける事になるでしょう。

 

 

 

60歳まで働く事を考えると1日でも早く自分に合った会社で精一杯働くべきです。

 

人間長くても80歳ぐらいまでしか生きることができません。

 

 

人生一度きりだからこそ、現状に不満足を抱えているのなら一歩踏み出してみましょう。

 

 

 

日本は求人情報で溢れかえっています。

 

 

働いているときに転職活動はできるのか?という疑問を持たれた方も多くいると思いますが、私の場合は働きながら転職活動を十分に行うことができましたよ。

 

 

 

求人を募集している企業も働いている人に面接を来て欲しいので、かなり融通を利かしてくれます。後は転職エージェントの相談なども夜遅くまで門を開いてくれています。私も夜にエージェントの方にお世話になりましたから。

 

 

働きながら上手に良い会社に転職する為には?

 

 

新卒で会社を辞める方にオススメの転職手順を公開しますので、ぜひ参考にしながら取り組んでみてくださいね。

 

 

最初なんて転職サイトを見るだけでも大丈夫!一歩目が肝心!

 

新卒で会社を辞めようと迷っている人が行う事は、転職情報に常に触れてチャンスを逃さないこと!!!

 

1 リクナビネクストに登録する事からスタート

 

2 無料の転職サポート(エージェント)を利用する

 

新卒で仕事を辞めて転職をするなら案件数が豊富で優良企業が多いリクナビネクストがおすすめです。

 

 

仕事を辞めたいと思っている方は転職情報をキャッチしておくだけでも全然考え方が変わりますよ。世の中には自分に合っている仕事は山ほどあります。

 

現状仕事を辞めるか迷っている方はリクナビネクストの転職情報だけでも触れるようにしてください!非常におすすめです。

 

たったの1分の無料登録で利用をすることができます。

 

リクナビネクスト

 

リクナビNEXT ネクス子

 

リクナビネクスト無料登録はこちら

 

現在働いている状況でもスカウト登録をしておくだけで、自分に興味を持ってくださる企業がオファーを出してくれます。

 

合わせてこちらも必ず利用してみてくださいね↓

PR
当サイトの管理人24歳の今月の広告収入発生が100万円を超えました。

 

有る意味会社を辞めたいパワーを全て副業にぶつけました

 

気になる方はこちらのブログをご覧ください。

 

正当な権利収入の稼ぎ方!労働収入だけでは資産が増えない

 

今時間が取れない方は当サイトを「お気に入り登録」or「ブックマーク登録」を行うことで後ほどじっくり転職サイトを登録してみてくださいね^^


 

新卒で会社を辞めて転職をした私だから言えますが、、、

 

「転職して本当に良かった。」

 

私は新卒の会社を1年も働かずに転職に成功して毎日が楽しくなりましたよ^^

 

私の新卒の会社を辞めてどうやって上手に転職を出来たかはこのページ↓にまとめています。
一番の人気ページであり、多くの方に毎日読んでくださっています。

 

辞めたいけど、どうしたら良いかわからない人は参考になると幸いです。

 

ゆっくりと最初から最後まで時間をかけて読んでみてください。

 

新しい気づきが必ずあると思います。

 

時間がない方は「お気に入り登録」or「ブックマーク登録」をして後ほどゆっくりと読んでみてくださいね^^

 

 

会社を辞めようと決断した理由と転職がうまくいった秘訣とは!?

 

 

最初は転職サイトを眺めるだけでもOK

 

通勤時間に転職サイトを眺めることが私の人生の転機でした。

 

 

案外始めて見ると今の会社の良さに気がつく可能性もありますし、私のように新しい会社で満足いく生活を送るきっかけになるかもしれません。

 

 

経験上迷っている暇があるならとにかく動いてみて結果を出してみる。何も動いていない状態で大切な時間を浪費するのはもったいないですから。

 

 

新卒で会社を辞めたいと思っている人は今すぐに次の会社を探す準備がおすすめです。
いつまでも働く気がないならスパッと転職をするのも一つの方法論です。実際に精神的苦痛によるうつ病になるリスクを考えればいつまでも働きたくない会社に固執する必要はありません。

 

 

会社を辞めるにはしっかり準備をしてから

 

 

私が働いていた会社は社会の為になっているか?という疑問。働いている人のレベルが低すぎて嫌気がさすレベル。マイナス評価のポイントを書き出すとキリがありませんが、私は新卒で入った会社だろうが、辞めたければ辞めてもOKだと考えています。

 

 

 

 

人気記事一覧集

 

会社を辞めようと決断した理由と転職がうまくいった秘訣とは!?

 

転職後のお話(総括)人生動いたほうが後悔がない

 

管理人以外の参考になる体験談↓

 

有名大手企業を新卒入社後3ヶ月で辞めたリアルな体験談!

 

新卒で入社した会社が新社長のワンマン経営の為辞めた体験談

 

不動産会社の新卒物語!3年で転職した経緯と理由を

 

つまり最初には3つ登録をして、良さそうなところをピックアップしていく作業になります。私の場合はこの3つを使いながら、毎週新着更新される転職サイトの求人を見ていましたよ。転職を上手に決めるためには「転職に使った時間と行動力だけです」

 

 

転職先が決まってからは何も変えることはできません。だからこそしっかり今日から動くことをお勧めします。

 

 

 

2 転職エージェント(無料)を活用すること。

 

 

私もエージェントを2つ利用をさせていただきました。転職エージェントを知らない人の方に簡単に説明をするとこんなイメージです。

 

 

転職エージェントとは無料で転職希望者をサポートしてくれるサービスです。

 

 

有名どころで言うと、リクナビ、マイナビ、typeが等がサービスを行っています。
なぜ無料で真剣に転職をサポートしてくれるのか?なぜなら求人を募集する企業がお金をエージェントに支払うからです。

 

 

要はお金を払ってでも優秀な人材が欲しい企業がエージェントに集まります。

 

 

エージェントは人材を真剣にサポートすることで、企業にマッチングした人を紹介します。

 

 

転職希望者は自分で探す事も大切ですが、クローズドな案件等を紹介してもらえる事もあり、
エージェント、求人企業、転職希望者。全員がwin-winの関係を築く事ができるというわけです。

 

 

だからこそエージェントのサポートは徹底的にしてくれます。

 

 

 

私の場合は、、、最終的にはエージェントが紹介をしてくれた会社ではなく、リクナビネクストから個人的に応募をした会社にて働くことになったのですが、
色んな意味で参考にさせていただいたと思っています。正直人と人との関係なので、紹介てくれた会社に働かなかったこと申し訳なくなったのですが、やはりそれも転職活動の中で縁があるないはあります。

 

 

 

 

最初に面談(今の会社の相談から、次に働きたい会社の理想像とか、)

 

 

この面談では転職活動のプロから沢山の情報を無料で教えていただけます。

 

 

転職活動をする中でちょっとしたポイントや業界の裏側やおすすめの企業なども。一人で活動をしていると入ってこない情報なども多いことも事実です。
転職者とサポート会社、転職後の会社。全てがwinwinの関係性がうまく築かれているところもおすすめのポイントです。

 

 

企業としては良い人材が欲しくて、少し多めのお金を払ってまでも優秀な人材が欲しい。さらには私達労働者としては自分に合った場所を見つけたい。
それを手伝ってくれるエージェント。ここを利用しない手はないですよね。結果的に言うと私はエージェントで紹介してくれた会社に働く

 

 

自分の人生は自分で決める!

 

 

新卒で会社を辞める場合に考える事は「周りの人の目」友達や親、周りの知り合いなど。せっかく就職先が決まったことを喜んでくれた人を裏切る事になってしまうと考える人もいます。

 

 

親に申し訳ない、何事も続かない人だと勘違いをされてしまいそう。はっきり言わせてください!もう大人なんだから、自分の人生は自分で切り開いてください。

 

 

 

小学生から大学生まではレールがひかれている上を歩くことになりますが、社会人からは一切のレールが無くなります。
会社で働き続けても良いし、起業をする人もいる、辞める人もいれば、会社が倒産する場合もある。

 

 

 

私は迷いごとが出来た時には2つの事を考えるようにしています。

 

 

「満足できる人生を送れるかどうか?」

 

 

「辞めるメリット、続けるデメリット」どちがが比重が大きいか。

 

 

 

前職を辞める時にも当然この2つを私は使いました。

 

 

 

 

 

この会社でずーっと働くとする。ストレスは溜まる一方。人間的にも成長出来る会社でもなければ、誰でも出来る仕事。こんな会社で10年、20年続けたとすれば、本当にこの世を去る時に満足できるだろうか。

 

 

辞めるメリット

 

 

会社のストレスからの開放。

 

次の会社に対する可能性。

 

若いんだから自分を生かす場所があるかもしれない。

 

続ける後悔よりも辞めて動いた結果なら満足できる。

 

人生一回きりなんだから、動きたい。

 

 

 

続けるメリット

 

 

社会的な信用

 

周りの友達への自分の信用

 

親に心配をかけないで良い。

 

 

僕が考えたこの2つを天秤にかけた時にもう迷うことはありませんでした。

 

30歳までは挑戦するのは有り!?

 

新卒で入った会社に入って最後まで勤め上げることができる人は非常に少なくなった時代だと思います。20年、30年前までは一度働くと決めた会社で最後まで働き上げるという理論が成り立ったと思いますが、
今はそんな時代だとも言えません。大企業ですらリストラがあり、日本社会がどうなっていくのだろうか?という疑問すらあります。

 

動かないことがリスクになり得る時代

 

 

転職は最近になってくると当たりまえになっているし、有る意味偏見すらもなくなってきたと思っています。
ただ私個人的な意見としては年齢によっても勝負できる転職、既存の会社に居たほうがいいんじゃない?という現在の状況によっても大きく異なると思っています。

 

 

30代、40代で良い会社と呼ばれるところで、中枢を担っているなら転職をする場合には少し躊躇があっても当然だと思います。
ただ新卒で働いて1年も働いていない場合、2年目、3年目だと転職するリスクなんて限りなく低い。

 

 

もちろん何度も転職をすれば新しい会社に書く履歴書を汚すと呼ばれるかもしれませんが、筋が通っているなら何度でも転職をしても問題ない社会になりつつあります。

 

 

実際に私は会社で働き出して半年も経たないぐらいで転職を行いました。結果的に言うと前職に比べると凄く居心地が良くて、毎日が楽しくなりました。
やらされている仕事から自発的に仕事が出来る空気感の中で生活ができるようになりました。

 

 

新卒を辞めたかった私の現在

 

えっとーーー、、、。一応ここからはかなりプライベートな話になるんですが、元々私が新卒の会社で大手を狙わなかったのは将来的に起業をしたいと考えていたからです。
大学生時代からベンチャー企業の営業や比較的普通の大学生がしないようなアルバイトばかりしていたこともあって、夢の一つとして自分で食べていきたいという願望がありました。

 

 

趣味のサイト運営等で大学時代に最大でも月に30万円程度。平均をしても10万円程度の収益を上げていた私。もちろん働きながら自分の副業収入を伸ばしていきながら正社員として働けるような会社を第1候補として考えていた為社会的信用や大きさは一切気にしていなかったのです。

 

 

残業がない会社選びを念頭に動いていたはずなのですが、蓋を開けてみたら残業三昧。しかも残業代が付かないという現実。

 

 

まるで賞味期限の切れた通販商品が届いたような感覚でした。

 

 

 

えっ、、、まじかよ。なんでやねーーーーん!と関西弁でつっこみたくなります。

 

 

 

残業をする時間があるなら自分の起業の準備がしたい。株のトレード、デイトレードもしたいからむしろ10時以降の勤務でOKな会社はないんだろうか?など働きだしてから見えてくる弊害が非常に大きかったです。すごく能力が高い人や天才肌の人はかけもちでがっつり仕事をしながらでも可能だと思いますが、凡人の私にとってみれば結構きついことが多かったですね。

 

 

転職の成功、失敗を決めるのは自分

 

 

なにか新しい選択肢が目の前に来たときには私は基本的には現状から動けるような行動を取るようにしています。一つは年齢が若いから失敗をしてもOKだと気楽に生きているからです。
別に失敗をしたとしても生活ができないほどのリスクはないわけです。極論私は将来的には自分で起業をしたいので履歴書に傷が付くと世間では言われていますが、全く気にしていません。

 

 

 

 

当サイトに訪れてくださった新卒社員の方へ、、、、

 

 

 

 

どうせやるなら後悔しない道を!

 

 

人間関係を円滑にしよう!

 

学生時代と社会の大きな違いを実感したのはやはり「人間関係」だと思います。学生時代は極論ですが、嫌な人と付き合う必要性はありません。
大学には多種多様な人がいるので、自分に合う人だけで友達やグループを構成することは思っている以上に簡単ですよね。

 

しかも年齢的にも先輩、後輩含めて離れていても4歳差ぐらいの幅しかありません。

 

 

会社では上は40歳近くはなれている人も同じ土俵の上で仕事をしなければいけません。考え方や価値観、仕事に対する思いなど沢山の相違点から人間関係はより複雑になっていきます。

 

 

私は学生時代にスポーツをしていて、上下関係が凄く厳しい環境の中で育ちましたが、それでもやはり会社で感じるモノは非常に大きかったです。

 

 

 

人間関係を良好に保つために私が心がけていたことは「相手に心を開く」ということです。元々人見知りということもありますが、社会人になってすぐに馴染むことができませんでした。
なぜ馴染むことができないんだろうと自分の中で理由を模索していたのですが、友人に言われて納得出来た一言があります。

 

 

自分が嫌いと思っている人は相手も嫌いに思ってるよ!

 

 

とある居酒屋で友人との会話

 

 

会社って凄く人間関係難しくない?役職が離れている先輩とは結構仲良くできるんだけど、逆に1歳、2歳しか離れていない先輩との関係の方が難しい!

 

 

俺は逆やなー。年齢近いほうが割と仲良くなりやすい!

 

 

俺の場合は尊敬出来る上司じゃないと正直心を開かれへんっていうのがあるかもしれん。

 

 

確かに最初はそうなるけど、割り切って先輩全員に対して尊敬の念を持てるようになると案外どうにかなるでー。先輩としては頼られている方がやっぱり嬉しいんちゃうかな?自分が学生時代に先輩やったときそんな感じやったやろ?

 

 

この会話から人間関係を上手にする為には「自分から相手を好きになる&好きなところを探す」工夫をすることにしました。嫌いな人にだって全体人として素敵なところが有る事を信じることにしました。

 

新卒で入社した会社が新社長のワンマン経営の為辞めた体験談

 

新卒ってそんなにこだる必要ある?

 

 

新卒入社をしてから私は今に至るまで誰よりも「新卒入社」という言葉を頭によぎらせてきました。

 

 

大学生時代には少なくとも期待と夢を膨らませていたことは言うまでもありません。

 

 

でも社会に入って現実を目の当たりにしましたが、必ずしても一度目に入社をしたところが自分に一番合っている会社だと断定する事はできるのでしょうか?

 

 

冷静に考えてみました。

 

 

大学生になるために高校受験は約1年間の期間を要します。ある程度学力を客観視してから志望校を決めます。
企業と違い大学の選択ミスは限りなくゼロに近いです。なぜなら大学は一年で1万人程度入ります。口コミや先輩からある程度想定の付く範囲のお話です。

 

 

万が一志望校に落ちて、選択ミスをしたとしてもたった4年間のお話です。

 

 

ですが男性なら社会に出れば約40年間働くことになります。今はどんどん就活時期が遅れて早い人で3ヶ月程度で内定をいただきます。
そこに至るまで会社訪問や企業研究をしたとしても長くて1年間程度のレベルです。

 

 

たった1年間で40年間のレールを決めるって本当に正しいのでしょうか?働く側、雇う側双方にメリットがあるように1ヶ月程度のインターンを設けている企業もありますが、必ずしもインターン制度があるわけでもありません。

 

 

結論として会社を決めるのは就職活動だけでなく、実際に働きだしてから空気感で新卒入社であっても転職は選択肢の一つとして今の時代としては十分有りだと私は考えています。

 

 

 

昔には終身雇用という言葉がありましたが、今あなたの周りにいる友人を含めて最後まで一社目で働き続ける事が出来る人は1%もいないでしょう。

 

 

 

インターネットの普及によって今までの働く側の形も変わりつつあります。例えば人がしている仕事が機械でまかなうことができるなら、どんどん雇用は減り続けて雇用を生み出すことが難しい社会になるかもしれません。

 

 

現実問題として機会が人の労働を奪う事は2015年現在も起きています。

 

 

例えば

 

 

パチンコ屋さんがそれに当てはまります。

 

 

パチンコ屋は元々パチンコ玉を後ろに積み上げていき、後ろに積上げる時にはアルバイトさんを大量に雇いその仕事を任せていました。
大型店舗ともなると1時間あたり必要なアルバイトは約20人から30人程度。

 

さらには換金所を含めると40人から50人体制での労働環境を整えることが必要になりました。

 

 

ただ今は多くの店舗が後ろに出玉を置くことなく、目の前のデータのみの集計になりつつあります。
これにより後ろに出玉を運ぶ日必要性がなくなり、今までの5分の1近くの人件費の削減に成功をしているのです。

 

 

これはあくまでも日本社会の一例で多くの企業で起きています。

 

 

コールセンターでは今まで必ず人がお客様に対して対応をしていましたが、自動音声やネットからの注文に切り替えることで人件費の大幅削減に成功しています。これらが今後どんどん速度を上げてビジネスの世界を変えていくことになります。

 

 

大手企業でもリストラの連続、機械による雇用の縮小。

 

 

会社に固執をする必要性が少なくなりますよね。

 

 

新卒入社をしてずーっと働くことを決めても会社側が必要ないと言えばおしまいです。

 

 

では本当に大切な事はなんだろうか?

 

 

私が現在一番大切だと考えていることは「変化出来る能力を付けること」

 

 

これに尽きると考えています。

 

 

逆に言えば変化できない人、企業は置いていかれる可能性があります。

 

 

私は大阪生まれなのですが、大阪もここ5年間ほどで町並みが大きく変わりました。
外国人観光客による売上が爆発的に伸びているのです。

 

 

大阪のミナミ(心斎橋、難波)を見ると飲食店も大きな変化を遂げています。
特に「黒門市場」という有名な市場があるのですが、その昔は私達のような一般的な消費者が食材を買い物するだけだったのですが、今は観光客に向けた食べ歩きビジネスが発展しました。

 

 

マグロ、焼肉、おでん、お寿司、天ぷら、たこ焼き、ふぐのお鍋まで、、、

 

 

ここ数年間で既存の考え方を変えて変化した企業さんは非常に収益を上げています。

 

 

企業も人も全く同じで、私達新卒社会人も今の自分の人生と社会を捉えていきながら臨機応変に形を変えていくのはありなのではないでしょうか?

 

 

 

団塊の世代の方にはすぐに会社を辞めるとは何事か!!!!!と怒鳴られそうですが、、、

 

 

私はこう思います。

 

 

自分の人生は自分で決める。